猫の生活

uniyomo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 16日

遭難事故?? その2

 大雪の夜、よもちゃんは灯油の補充に出たわたしに着い外に出ました。
 しかし雪の中・・・・・・。


 2014y01m16d_145009773

 同居に~~ん!!!

 2014y01m16d_145236180

 同居に~~ん!! 何処に居るの~~??

 
 2014y01m16d_145949076 

 同居に~~ん!! 出て来てよ~~!!

 2014y01m16d_145305535

 ああ、こんなに凄い雪だと言うのに・・・・・。

 2014y01m16d_150438946

 同居に~ん!!

 2014y01m16d_150512438

 同居に~~ん!! 何処にいるの~~!!

 2014y01m16d_150539040

 灯油を入れ終わったら、直ぐに帰れば良いのに・・・・・。 こんな大雪の中をフラフラ歩き回るから、遭難するハメになるんだから・・・・・。

 2014y01m16d_150634976

 幾らバカだって、こんな雪なんだから用心するぐらいの分別はあると思ったのに・・・・・・。

 2014y01m16d_150558891

 でも大丈夫よ。 ワタシが助けてあげるから。

 2014y01m16d_150654650

 ああ、雪が深くて進めないわ!!

 2014y01m16d_150800394

 同居に~~ん!!

 2014y01m16d_150836741

 今助けるからね。 死なないでね!!

 2014y01m16d_145722317

 止めて~~!! 神様!! 同居人が死んじゃう!!


 可哀相なよもちゃんは死にもの狂いで遭難救助に励みます。
 よもちゃんはわたしを愛してくれているのです。
[PR]

# by yomo-uni | 2014-01-16 15:19 | 猫の生活
2014年 01月 15日

雪と快晴

 一昨日散歩に出ると、間もなく大雪になりました。

 063

 降りしきる雪で全ての景色がかすみました。

 074

 発寒川に沿って歩くと、対岸の景色が幻想のようです。

 075

 除雪をする人の努力が虚しく見えます。

 077

 雪は全てを圧倒します。

 078

 我々死すべき人間は、この雪の中を無力に蠢くのみです。

 080

 これが人間の力の限界なのです。

 083

 雪を透かして輝く太陽は、我々を嘲笑います。

 084

 ところがその雪が突然晴れました。

 086

 空の半分は紺青に輝きました。

 090

 さっきまでの大雪は嘘のようです。

 089

 でも嘘ではありません。 その証拠に道路沿いの歩道は雪で深く埋まっています。

 097

 ナナカマドの並木にも雪が積もっています。

 101

 そしてようやくたどり着いた農試公園は雪で深く埋まり、到底中へは入れませんでした。

 102

 公園の回りの道は何処も皆深く埋まっています。

 103

 けれど空は明るく輝き、影は雪の上に長く伸びるのでした。
[PR]

# by yomo-uni | 2014-01-15 16:32 | 札幌の四季
2014年 01月 14日

大雪と太陽

 昨日の午後、晴れ間が見えたので散歩に出ました。

 014

 しかし家を出て間もなくまた雪になってきました。

 017

 気温はマイナス6~7℃です。

 020

 だから雪はサラサラのパウダースノーです。

 024

 だから濡れる心配もないので、そのまま歩き続けました。

 031

 しかし視界は悪いです。

 045

 徒歩だから関係ないけれど、少し離れた建物は全て雪の中にかすみ、車は皆ライトをつけています。

 048

 河原の枯草はまだ雪の中から顔を出しています。

 051

 年末から年明けまで随分降ったけれど、それでもまだ丈の高い草は埋まらないのです。

 052

 川もまだそれほど凍っていません。

 058

 雪の中の景色は幻想的です。

 061

 現世的な物が全て隠れてしまいます。

 067

 純白のカーテンは何とも散文的な街並みさへ結構美しく誤魔化してくれます。

 068

 俗悪な色彩も白くかすみ目立たなくなります。

 070

 そうやって現実の世界を幻想に導くのです。

 073

 不思議なのはこれほどの雪でも太陽がハッキリと見える事です。

 

 
[PR]

# by yomo-uni | 2014-01-14 19:51 | 札幌の四季
2014年 01月 14日

遭難事故??

 札幌は年明けから大変な雪と寒さが続いています。 
 夜になって気温が-10℃近くに下がりしかも雪が降ったりしていると、外に出るのが怖くなります。
 それでもポット式石油ストーブの灯油が切れると、外の石油タンクから灯油を入れる為に、外に出なければなりません。


 よもさん!! 何処へ行くの??

 2014y01m14d_182057237

 
 わあ~~い!! 凄い雪!!

 よもさん!! 危ないから遠くへ行かないで!!

 2014y01m14d_182346810

 同居人はそこで灯油を入れてたら良いわ。 ワタシは少し冒険するから。

 止めなさい!! ヘンな所へ行くのは!!

 2014y01m14d_182404135

 近所を一回りするだけよ♪

 止めなさ~~い!!

 2014y01m14d_182459556

 おお、これはまた格別な大雪ではないか!

 2014y01m14d_182438861

 しかも見事なパウダースノー!!

 2014y01m14d_182700359

 そりゃあ、マイナス8℃だもの湿雪になるわけがないわねえ。

 2014y01m14d_182723420

 しかしこの素晴らしいパウダースノーで、同居人が唯一楽しめるスポーツは除雪なのね。

 2014y01m14d_182847551

 これがご隠居さんなら、スキーでもスノーボードでも楽しめるんだけれど、同居人は除雪しかできなのよ。
 つまりどんなに恵まれた環境にあっても、能力のない人間にはそれを生かす事はできないと言う事よ。

 2014y01m14d_182422342

 それにしても降るわねえ・・・・・。

 2014y01m14d_182805266

 今年は暖冬だなんて説もあったけれど、今のところ全然そんな感じじゃないわねえ・・・・・。

 2014y01m14d_182744780

 まるで空の底が抜けたみたいに降るわ!

 2014y01m14d_182905358

 さて同居人はもう灯油を入れ終わったから?

 2014y01m14d_183218652

 同居に~~ん!!

 2014y01m14d_183059352

 ど、同居人が居ない??

 2014y01m14d_183124977

 同居に~~ん!! 同居に~~ん!!


 さあ大変、よもちゃんはパニック状態です。
[PR]

# by yomo-uni | 2014-01-14 18:44 | 猫の生活
2014年 01月 11日

反省と思いやり

 よもちゃんはネットが大好きです。 だからいつもパソコンの前に陣取って、ネットをしています。
 しかしなんとまあ、熱心に見ていますねえ・・・・・・。


 2014y01m11d_113009276

 ああ、何て偉い猫!!

 2014y01m11d_112945948

 ワタシも見習わなくちゃ。

 よもさん、何をそんなに熱心に見てるの?

 2014y01m11d_113035531

 同居人、見てよ!! この動画。
 何て立派な猫でしょう?

 

 まあ、何この茶猫!!
 何だってブチ猫に凄い嫌がらせするのよ?
 それに引き替え、ブチ猫の控え目で大人しくて感心ね。 

 2014y01m11d_113054550

 違うわ。 感心なのは茶猫で、ブチ猫はどうしよもないのよ。

 な、なんで?? 自分の食べ物が十分あるのに、他の猫の食事を邪魔するなんて最低じゃない?

 2014y01m11d_113116440

 だから同居人は観察力が低くて、物の見方が皮相で浅薄なのよ。

 な、何でよ??

 2014y01m11d_113215889

 良い事? 動画をよく見なさい。 ブチ猫はどう見たって太り過ぎよ。 あんなに太ったら不細工なだけじゃないわ。 健康にも悪いのよ。
 だからちゃんとダイエットしなくちゃダメなのよ。
 ところが、食い意地が強くて食欲を自制できなのね。
 それで茶猫が頑張ってダイエットさせようとしているのよ。

 そ、そんな事ってあるの?

 2014y01m11d_113623656

 だって現実にある事だから、こうして動画になってアップされてるのよ。 この世には仲間思いの立派な猫がいるのよ。
 ワタシは感動したわ。 でも同居人が動画を見てもなお、この真実を理解できないのは、つまりは同居人が現実よりも自分の願望や偏見によってのみ、物を見ているからだわ。 
 つまり朝日とか毎日とか記者みたいにね。

 ・・・・・・。

 001 

 ああ、ワタシもちゃんとこの茶猫を見習うべきだったのよね。 同居人が日々太って不細工になっていくのを、黙って見て居たんじゃダメだわ。
 だってアイツの食い意地ときたら、ブレーキ無しだもの。
 でもどうしたら・・・・・ワタシも真剣に考えなくちゃ。

 2014y01m11d_113506810

 
 しかし難しいわねえ・・・・。
 同居人はあのブチ猫みたいに善良で温厚な性質じゃないから、ワタシが食べるのを邪魔したら怒るのよね。
 お正月だってあんまりお節料理を食べるから、ワタシが止めようとテーブルに乗ったら、ワタシに蒲鉾を一枚寄越して、テーブルから追い出したのよね。

 
2014y01m11d_113724723

 ワタシはそれで挫折して、蒲鉾を食べ終わるまで、二度とテーブルに乗らなかったのよ。
 だから同居人はワタシが蒲鉾を食べている間に、鶏つくねとかお餅とかバクバク食べていたわ。
 これじゃダメよ。

 2014y01m11d_113337152

 でも一体どうしたら良いんだろう?
 良い方法が思いつかないのは、ワタシの同居人への思いやりが足りないのかしら?

 2014y01m11d_113359218

 Zzzzzz・・・・・・。


 よもちゃんは反省しながら寝てしまいました。
 優しい子ですね。

 
[PR]

# by yomo-uni | 2014-01-11 11:48 | 猫の生活